ブログ

「気持ち」が伝わるファーストサイン

ファーストサイン

息子が生まれて、色々なことが初めて遭遇する体験ばかり。


頻繁な授乳・史上最強の睡眠不足・おむつ替え・沐浴・着替え・チャイルドシート・抱っこ紐などなどなど・・・息子が成長するにつれて、慣れてくる事もあれば、成長しているからこそまた新たに遭遇する事。
これからもそんな「初めて」を息子と一緒に沢山体験していくのだと思います。


前置きが長くなりましたが、そんな「初めて」の中でも、私が一番苦手だったのが「爪切り」。


生まれたての赤ちゃんの、その爪の小ささったら!!
小さい上に柔らかいし、お手手をよく動かす子でしたし。
しかも自分は史上最強の睡眠不足で、目がしぱしぱ。
そんな中での爪切りは、本当に怖くて怖くて仕方がありませんでした。
なので爪切りは、専ら息子が寝ている時のみ、でした。


息子が1歳9か月になった今、起きている時はとにかくじっとしていてくれないので、やっぱり寝ている時にやっていたのですが。


先日、ふと思い立って、息子が起きている時にやってみよう!と思いました。


でも、いきなりただ実行した訳ではありません。


そこは「ファーストサイン」の方法をフル活用!


爪切りを見せながら
「爪切るよ~。」
そして
「これで爪以外が切れるとイタイイタイだよ~。」
「だからママが切っている間、動かないでね!」
などを、ファーストサインのあらゆるサインを使って伝えながらやってみました。


そうしたら・・・爪切り成功!しかも両手!


息子、おとなし~く爪を切られるのを見ていました。


う~ん、ファーストサインすごい!


こうやって書くと、私が何かファーストサインで特別な事をやったの?という感じに思われるかも知れませんが、全然そんな事はありません。


多くのママさんが無意識のうちにやっている事を、少し意識してやっているだけなのです。


それがファーストサインの力。


これは、赤ちゃんに対してだけでなく、コミュニケーションの全てに対して言える「基本」の事なんです。


「基本」って、よく考えてみると、当たり前だったりあまりにも自然だったりして、案外忘れてしまっていたり、なにより「無意識」でやってる事って多くありませんか?


そこを少し意識するようにしてみる。
すると、コミュニケーションの色々が変わってくる!


私も、「息子の為に!」と思って勉強したファーストサインですが、色んな場面で役に立っています。